ピンクリボン

乳がんから、大切な人を守りたい

乳がんから大切な人を守りたい。早期検診、早期発見で大切な人がいつまでも笑顔でいられますように。ビーグレンにそのお手伝いをさせてください。

世界中の女性をハッピーにしたい

ブライアン・ケラーの作ったスキンケア製品で世界中の女性をハッピーにしたい

そんなシンプルな想いで、1994年、南カリフォルニアのOC(オレンジカウンティー)でビーグレンがスタートしました。

創業以来20年の時をへて、ビーグレンには、お客様、お取り引き先様、スタッフ、そしてその家族やお友達といった、たくさんの“大切な人”ができました。

今年ビーグレンは、『乳がんから大切な人を守りたい。』という想いで定期乳がん検診による早期発見のキャンペーンをスタートさせることになりました。

今、改めて知っていただきたいのです、早期検診で救える命がたくさんあることを。1人でも多くの方にこのメッセージを伝えるために、この活動をビーグレンのライフワークとして続けて参ります。

もしも、過去1年の間に乳がんの検診に行っていないようでしたら、ぜひ検診を受けてください。あなたを失ったら悲しむたくさんの方のためにもお願いします。そして、あなたのお友達にも、定期乳がん検診をお薦めしてください。

野口 奈津子
野口奈津子
ブランドマネージャー
大手PR代理店に勤務し美容系PRを中心とした広報業務を経験後、34歳で渡米。2006年ビーグレンアメリカ本社に入社。現在はビーグレン日本本社にてPR業務を中心にイベントの企画運営に携わる。
自分で出来る乳房セルフチェック

自分で出来る乳房セルフチェック

乳がんは唯一自分で発見できる「がん」です。月一回の自己触診は乳がんの早期発見に極めて有効です。 乳がんは早期発見すればほとんど治りますし、乳房も温存することもできます。

セルフチェックをする

セレフチェックのタイミング

閉経前の方:生理が終わった後1週間以内、乳房が柔らかい時期におこなってください。
閉経後の方:毎月、触診する日を決めておこなってください。

STEP1 まずは「乳房に触ってチェック」

1. 横になり、片方の手を頭の後ろにおきます。

2. もう片方の手の指を揃え、指の腹で乳房を上から柔らかく押さえるように触れていきましょう。

3. 内側半分と外側半分に分けて、矢印の方向に軽く押しながら触っていきます。(反対側も同様に動作をおこなってください)

4. 揃えた指のいずれかに、他と異なった硬さのものが触れないか探してみてください。

5. しこりかな?と感じたら、反対側の乳房と同じ位置と比べてみてください。(しこりは指と肋骨の間に挟むとよくわかります)

STEP2 次は「乳房をよく見てチェック」

入浴後などに鏡の前で胸元をしっかり映し(全身が映るものが理想)、両腕を上げたり下げたりして乳房に「ひきつれ」「くぼみ」「変色」などがないかよく観察しましょう。

STEP3 最後に「乳房を絞ってチェック」

左右の乳首を軽くつまみ、乳を絞りだすようにします。血液などが混じったような異常な液が出ないかどうかよく観察しましょう。

年に一度は乳がん検診を受けましょう

乳がんにかかりやすいもっとも大きな要因となるのは遺伝的なものです。
特に、家族に乳がんになった人がいる場合、リスクは2倍になると言われています。
乳がんは「初期の段階で治療をすれば治る確立の高いもの」なのです。

そのためにも「乳がんのセルフチェック」を毎月1度続けましょう。そして30代以上の方はマンモグラフィ検診を毎年受けましょう。

監修協力:ピンクリボンかながわ